男性の軽装について

2月 1, 2016

私が考える”男性の軽装”についてお話させていただきます。

成人男性で結婚式の二次会やパーティーなどの招待状に、”服装は軽装でお願いします”と記載されていて実際何を着ていこうか迷った方は少なくないと思います。女性の場合は軽装といえば、派手すぎないドレスであったり参加者の友人同士で話し合って合わせていったりいうことができるのですが、男性の場合はそうもいかないようで”軽装”の捉え方が人それぞれ違うので、ある人はスーツをイメージし、またありる人はスーツではなくカジュアル過ぎない服装をイメージしています。またネット検索してみても内容はバラバラであり、個人の考え方・パーティー会場によって変わってきます。

もし、スーツが”軽装”であるなら、正装は果たしてどのような服装になるのかと考えると、正装はスーツのことであり、それなら軽装の言葉の必要性がなくなってしまいます。ただ、”軽装で”と銘打ったパーティーでも男性参加者の大半がスーツで参加しているのが事実であります。そこで、私が考える”男性の軽装”とは、ずばり”カジュアルスーツ”のこてであって、同じスーツでも、”ファーマルスーツ”が正装のことだと考えます。

最近よく耳にする”男性のカジュアルスーツ”は”軽装”という曖昧な言葉の為に誕生したのではないかと考えます。皆様はどうお考えでしょうか?

コメントは受け付けていません。

誰でも簡単に着こなせるモテる服の選び方

10月 9, 2015

おしゃれなメンズファッション。そう聞くと何やら難しいイメージがありますが、次のポイントをおさえれば、実は誰でも簡単に着こなせるのです。
先ずはサイズ感がジャストサイズである事です。これはメンズ、レディース問わずファッションにおいて鉄則です。たまにいますよね、無理してぴちぴち感丸出しのコーディネートされている方。一見オシャレそうに見えるかもしれませんが、自分の体型を理解していないが為に起こる事です。おしゃれに着こなすポイントは、いかに体のラインに合わせれているかどうかです。これさえできれば、多少柄等奇抜であってもオシャレに見えてしまいます。

そして次に大事な事は、カラーです。できれば2から3色ぐらいで抑えると良いです。服選びが苦手な人の多くに、全体の色数が同色だったり、逆に多すぎてちぐはぐしています。単色の場合で多いのが黒系になると思いうのですが、単色はその人の髪型や服の質感とかにかなり左右され難易度が高いです。ですので、アウターとパンツなどは単色でおさめ、靴やインナー違う色を採用する事によりアクセント付けができます。

又、装飾品など小物は形がシンプルなものを選ぶのが良いです。よくあるパターンが、服選びが苦手な人ほど、奇抜なものを選ぶ傾向があります。基本はシンプル・イズベストです。
そして服を試着する際には真正面のみならず、必ず横のシルエットを確認します。激安服通販で購入したものであってもセンスのあるかっこいい服は真正面だけではなく、横から見てもおしゃれなのです。

コメントは受け付けていません。

頑張ったけど断念。憧れの母乳育児

10月 8, 2015

完全母乳で育てる方針のクリニックで出産したので、出産前から講習会でマッサージを教わったり助産師さんから指導を受けたりしていて、当然産後は母乳で育てるつもりでいました。出産後、入院中に看護師さんから母乳の量を確かめるように言われ、何度か絞ったのですがほんのちょっぴりにしかならず、「赤ちゃんに飲む力が付くと、だんだん沢山出るようになるから」と看護師さんに励まされて母乳が出るマッサージを頑張ったり食事に気をつけたりしました。

ところが私は他のお母さんたちが潤沢に母乳が出るようになってくる時期でも母乳の出が悪く、ミルクに頼らざるを得ませんでした。子どもも、なかなかお腹がいっぱいにならない母乳を吸って疲れるよりミルクが好きになったらしく、ミルクの方を機嫌よく飲むようになったので、母乳は断念しミルクに切り替えました。

産後の気持ちが不安定な時期だったこともあって、なんだか自分が役立たずになったようでとても落ち込みました。過ぎてしまえば沢山あった産後の大変な事の一つですが、赤ちゃんとのふれあいタイムのような母乳育児をしてみたかったです。

コメントは受け付けていません。

年齢と見た目に応じたファッション

1月 4, 2015

今日は特にファッションに興味の無い人にぜひ、聞いて頂きたい話を書きたいと思います。ファッションは、お洒落な人や見た目がかっこいい人、スタイルのいい人がする物だと思っていませんか?そして、毎年流行を追わなければならない物と考えていませんか?たしかに、そういう、一面はあります。ですが、ファッションで一番大切なのは、自分らしい服を着て、自分が楽しむことなのです。

流行を取り入れるのは、ある程度経験が無ければ取り入れるのは、難しいでしょう。でも基本さえ守れば、ベーシックな服だけでもそれなりに楽しめて、相応に見える物なのです。服を選ぶ上で大切なことは、2つです。サイズ、色、それだけです。

よく、服を買うときに、ブランドや値段から選ぶ人がいます。それもよい選択ですが、今回は無理をせずに、基本に忠実に選びましょう。
基本は、肩幅、袖の長さ、ウエストの合う服を購入してください。それだけで、随分違ってみえる物なのです。服を選ぶときはまず、サイズの合っている物を着て下さい。

次に色です。柄物を選びたくなりますが、ファッションセンスが付くまでは、単色の物にしましょう。ただし、質感の良い物、織り柄などでお洒落をしましょう。色は黒、白、青、ベージュ、茶の5色から選んで下さい。そして、身体に纏う色は3色までにしましょう。それだけで、随分洗練されてモテる服装になります。ぜひ、楽しんで選んでみて下さい!

コメントは受け付けていません。